検索
  • 264guitars

ネック製作の依頼

こんばんは。264guitarsの佐藤です。


以前から気になっていたホームページでの問い合わせページを新しくしました。

前のやつが、あまりにも問い合わせしにくい感じだったので、お客様が使いやすそうな仕様にしてみました。


他にもホームページでのアドバイスがある方は、是非教えて頂きたいと思います。


さて、以前からリペアでお世話になっている方から所有のギターのネック製作依頼を頂きました。


その方は左利きで、自分にとっての理想がしっかりとあるにもかかわらず、レフティのギターの数の少なさに悩まれていました。


ギターの修理でうちの工房に来ていただいた時に、264guitarsのオリジナルギターを弾いた際に、ネックのグリップをとても気に入ってくださり、オーダーしていただきました。




元々のギターはレジェンドのテレキャスターシンラインタイプ。


指板はローズ系(ソノケリン?)でネックはぱっと見メイプルっぽいけど、よく見ると木目の感じが柔らかそうというか、白すぎるというか、シカモアのような色合い?  



今回使用した材料は、ハードメイプルと、お客さま指定の指板材でパーフェローを使いました。

スケールは、648mmから、めちゃくちゃ計算して短く出来るギリギリの636mmで製作しました。

写真の一番右がレジェンドのネックで、真ん中が製作したネック。左がフェンダーのネックで、ヘッド形状とグリップの雰囲気の参考にお持ちいただきました。



ナットは、これもお客様のご注文で、ブラスナットを使用しました。これだけでかなり音に張りがでますね。消耗も少ないですし(笑)




ヘッドロゴは相談した結果、うちのブランドロゴと、元々のブランド名を入れた特注ロゴを採用し、ヘッド裏には独断で我孫子産を英語でいれさせていただきました。


塗装は、グリップがべたつくのが嫌だということだったので、バフの工程を省き、極薄ラッカーの吹きっぱなしを採用させていただきました。




ピックアップもうちの手巻きピックアップを注文していただき、ナット溝の位置も、弦落ちしないように少し内側に入れて製作しました。


僕も左利きなので、左利きの不便さだったり、共感できる事がすごく多いので、今回注文していただいて、完成品を喜んでいただけた事がとてもうれしくて、一生忘れられないギターになった事は間違いないです。

(僕は左利きのギターは弾けませんが笑)


さらにこのギターの紹介をyoutubeにアップしてくださったので、リンクを張らせていただきます。


https://youtu.be/0zT_nrmqPFI


今回のご注文ありがとうございました。


閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示